行田八幡神社について

埼玉県行田市は、国宝「金錯銘鉄剣」が出土した稲荷山古墳をはじめ、日本最大の円墳である丸墓山古墳など、9基の大型古墳が群集する「埼玉古墳群」を有し、埼玉県名発祥の地として知られています。
また、市内には悠久の眠りから目覚め開花した古代蓮など42種類約12万株の蓮の花が咲く「古代蓮の里」、江戸時代の忍藩十万石の城下町を今に伝える「忍城址」のほか、足袋の産地を物語る「足袋蔵」が点在する風情ある街並みなど、豊かな自然と歴史が息づくまちです。
そんな行田市の中心部に鎮座する当神社は約千年の歴史を有し、永く忍城下の守り神として広く人々より崇敬されております。


由緒
由緒へ

当神社の歴史やご祭神についてご紹介いたします。


境内社
境内社へ

境内社とは、神社本社とは別にその神社の境内に鎮座し、その管理下にある他の神社のことです。現在は特に境内社に関する規定はありませんが、一般には境内社はその祭神と縁故深い神を祀った神社(摂社)か、それ以外の神社(末社)があります。ここでは当社の境内社をご紹介します。


兼務する神社
兼務する神社

ここでは当社が兼務している神社をご紹介します。


行田八幡神社について 御祈祷について 交通案内 神前結婚式 虫封じ 目の神社 安産祈願 七福神 行田八幡神社について 由緒 境内社 兼務する神社

ページの先頭に戻る