お知らせ

夏越の大祓式(胎内くぐり)が6月30日(金)に行われます。

投稿日:平成29年06月09日 ( 金 )


行田八幡神社では毎年6月30日に夏越の大祓式(胎内くぐり)が執り行われます。   大祓(おおはらえ)は、6月と12月の晦日(みそか)に行われる除災行事であり、犯した罪や穢れを除き去るための祓えの神事で、6月の大祓を夏越の祓(なごしのはらえ)、12月の大祓を年越の祓(としこしのはらえ)といいます。   私たちの国では、昔から6月と12月の晦日に半年間の罪穢を祓い清める大祓の式が行われてきました。当社では暑い夏を迎えるにあたり、形代に災いを移し納め,胎内くぐりと称し、茅輪をくぐり災厄を除き無事な生活を祈る神事が行われます。   参拝者がこの輪をくぐることによりその夏の悪い病除けができると伝えられています。 日時 平成29年6月30日(金) 16:00~20:00 場所 行田八幡神社境内

←お知らせ一覧へ戻る


ページの先頭に戻る