境内社

行田八幡神社の境内に鎮座する社をご紹介します。

大国主神社

大国主神社(おおくにぬしじんじゃ)

大国主神(おおくにぬしのかみ)を祀ります。
福徳の神、えんむすびの神として信仰が厚いです。

恵比寿神社

恵比寿神社(えびすじんじゃ)

事代主神(ことしろぬしのかみ)を祀ります。
商工業繁栄の守護神、商売繁盛の神として信仰されています。

愛宕神社

愛宕神社(あたごじんじゃ)

軻遇突智命(かぐつちのみこと)を祀ります。
防火の神として知られています。


瘡守稲荷社

瘡守稲荷社(かさもリいなりしゃ)

倉稲魂命(うかのみたまのみこと)を祀ります。
食物の神、おでき・吹き出物・湿疹の神として信仰があります。

目の神社

目の神社(めのかみしゃ)

味鋤高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)を祀ります。
眼病の神として信仰が厚く「むかいめ」の絵馬が数多く奉納されています。


三峯社

伊弉諾命(いざなぎのみこと)・伊弉冉命(いざなみのみこと)を祀ります。
三峰「永信講」で組織されています。

水神社

御井神・水波能売神・水分神(みいのかみ・みずはのめのかみ・みくまりのかみ)を祀ります。

なで桃

意富加牟豆美命(おおかむづみのみこと)を祀ります。
延命長寿・病魔退散・厄災消除として信仰されています。


八坂社

総町神輿(百貫神輿)を祀ります。
諸災消除のこ神徳があります。

総町神輿

江戸時代の宝暦九年(1759年)に百貫神輿(約375キログラム)として氏子たちの手で初代の総町神輿が寄進されました。現在の総町神輿は昭和五年に造り直された三代目で台座の一辺が1,12メートル、鳳凰までの高さが2,42メートルの総けやき造りで市内随一の風格を持ちます。


ページの先頭に戻る